想いをカタチにする
資金調達への
近道。

クラウドファンディング成功の
さらに先へ

Success

Beyond the Success

           

目標達成はゴールではなく
スタートです

資金調達の新しい手段として認知されつつあるクラウドファンディング。
私たちは2014年からその支援に取り組み、
数多くのプロジェクトを成功させてきました。
しかし、目標金額の達成をゴールとは考えていません。
さらにその先の販路拡大、マーケティングツールの拡充、ブランディングなど
新しいチャレンジに必要な要素をゼロから築き上げること。
それがin the houseのクラウドファンディング支援サービスです。

about
clowd
funding
ABOUT CLOWDFUNDING

クラウドファンディングの
様々な使い方

case 01
商品開発
最も多いケースが新商品やサービス開発の資金調達。個人やベンチャー企業など、低資金から立ち上げられるプロジェクトにも向いています。
case 02
テストマーケティング
開発前にプロトタイプ段階でも、ユーザーの反応などの調査に活用できます。機能面や価格、ターゲット設定の検討材料に。
case 03
プロモーション
クラウドファンディングサービス自体が集客力、影響力のあるメディアと化したため、リリース前のプロモーションとして有効手段です。
advantage

in the houseが選ばれる

3つのポイント

point 01

企画・プランニング機能を
持った制作チーム

与えられた要件通りの制作ではなく、クライアントの目的、やりたいことから要件を導き、最良な企画に。抽象的なイメージを具象化するお手伝いをします。また、予算に合うサイズで企画を作り、コスト要因で制作物の質が下がらないように調整。「○○の劣化版」にはしません。

point 02

デジタルコンテンツの
多様なプロジェクト実績

CM、WEB広告、企業採用などの映像や、SNSコンテンツの企画制作、LPやプロダクトデザインなど、様々なニーズに適したツールを作ってきた経験が役立ちます。

point 03

自社スタジオと
キャストのネットワーク

機材やメイクルーム等を完備した自社スタジオでの撮影も可能なため、ロケーションにかかるコストを圧縮できます。キャストが必要な場合も、弊社でのキャスティング対応が可能。

flow

ご利用の流れ

step01

キックオフ

プロダクトやビジョンについて伺い、要件整理とリリースまでのスケジューリング。またクラファンサービスの選定と、目標金額、支援者に対するリターンを決めます。

step02

クラファンサービスとの連携

サービス側の担当と話し、リリースまでの手引きを受けます。目標金額やリターンについて、またページ作成におけるアドバイスをもらい、これらをFIXしていきます。

step03

ページ構成・テキスト作成

プロジェクトページの構成作成。掲載情報の概要とその流れを整理した後、構成をもとにテキスト情報をまとめていきます。

step04

制作

プロジェクトページのクリエイティブを用意します。必要次第LPも制作。LPは顧客へのポータルとなり、クラファン終了後はこちらをそのまま運用できるため、先に用意しておくことをお勧めします。

リリース
step05

プロモーション

リリース後は、告知、宣伝を行ないます。ページ内のブログはこまめに更新。また、プレスリリースサイトやインフルエンサー、SNS広告などを活用して情報発信。

プロジェクト終了!
お早目に支援者へのリターンを!
manage
and
create
plan

パッケージプラン

基本的に初期費用10万円と
達成金額に対して10%の当社手数料のみ
(クリエイティブ制作は別途費用)

プロジェクトをリリースへ

マネジメントプラン

戦略立案、クリエイティブの要件整理、スケジュールと進捗管理など、全体設計と進行をサポート。当社がプロジェクトマネジメントとディレクションを担当。

ビジュアルコンテンツ制作は

クリエイティブプラン

映像、製品スチル、バナー、LPデザインなどクリエイティブの制作。プロジェクトページ以外でも活用。

戦略から制作まで一貫サポート

トータルプラン

プロジェクトマネジメント、及びディレクションから制作までワンストップ。プロジェクトを一貫して担当することで効率アップ。

※クラウドファンディングサービスへの手数料は約20%。
サービスによって手数料は異なります

partner

私たちのパートナー

当社はMakuake Creators Networkの
登録パートナーです

Makuake GREEN FUNDING by T-SITE

etc.

contact

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

    QUESTION

    ・やりたいこと、目的は明確ですか?

    ・目標金額を設定していますか?

    ・スケジュールを組んでいますか?

    ・プロジェクトに対する社内リソースはございますか?

    ・映像、LPなどの制作物は外注予定ですか?

    PLAN

    NAME

    COMPANY

    E-MAIL

    MESSAGE

    プライバシーポリシー

    株式会社in the house(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

    第1条(個人情報)

    「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

    第2条(個人情報の収集方法)

    当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

    第3条(個人情報を収集・利用する目的)

    当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。

    1. 当社サービスの提供・運営のため
    2. ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
    3. ユーザーが利用中のサービスの新機能,更新情報,キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
    4. メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
    5. 利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
    6. ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため
    7. 有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため
    8. 上記の利用目的に付随する目的

    第4条(利用目的の変更)

    1. 当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
    2. 利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。

    第5条(個人情報の第三者提供)

    1. 当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
      1. 人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
      2. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
      3. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
      4. 予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
        1. 利用目的に第三者への提供を含むこと
        2. 第三者に提供されるデータの項目
        3. 第三者への提供の手段または方法
        4. 本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
        5. 本人の求めを受け付ける方法
    2. 前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
      1. 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
      2. 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
      3. 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

    第6条(個人情報の開示)

    1. 当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
      1. 本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
      2. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
      3. その他法令に違反することとなる場合
    2. 前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

    第7条(個人情報の訂正および削除)

    1. ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
    2. 当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
    3. 当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。

    第8条(個人情報の利用停止等)

    1. 当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行います。
    2. 前項の調査結果に基づき,その請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の利用停止等を行います。
    3. 当社は,前項の規定に基づき利用停止等を行った場合,または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは,遅滞なく,これをユーザーに通知します。
    4. 前2項にかかわらず,利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じるものとします。

    第9条(プライバシーポリシーの変更)

    1. 本ポリシーの内容は,法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
    2. 当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

    第10条(お問い合わせ窓口)

    本ポリシーに関するお問い合わせは,下記のアドレスまでお願いいたします。

    Eメールアドレス:staff@inthehouse.tokyo

    以上